沿革

カトリック沖縄学園の沿革

 カトリック沖縄学園は1987年聖ドミニコ宣教修道女会台湾管区を母体に、カトリック系のミッションスクールとして設立されました。
 現在、同一敷地内に保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校があり、カトリック的世界観に基づく一貫教育を行っています。

1979年

宗教法人カトリック沖縄教区の幼稚園として真栄原カトリック幼稚園開園。

1984年

教区が母体となっている学校法人カトリック学園に入る。

1987年

聖ドミニコ宣教修道女会台湾管区を母体とする学校法人カトリック沖縄学園を設立。(真栄原カトリック幼稚園は学校法人カトリック学園から分離し、カトリック沖縄学園に入る)

1988年

沖縄カトリック小学校開校

1994年

沖縄カトリック中学校開校

2004年

沖縄カトリック高等学校開校

2006年

子育て支援事業として幼稚園に補助活動部門を設置し、未就園児、預り保育、学童クラブを運営

2008年

子育て支援事業として学校法人の認可外保育園「マリア園」を開園